記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐路

ジーエヌアイグループ投資の岐路
中国における肝繊維症第2相治験に伴う中間解析発表がいよいよ迫ってきました。
良くも悪くも、あと少しで投資判断上の重要な節目がやってきます。資料によると、「2018年第2四半期に独立データモニタリング委員会による中間解析が行われ、中間解析結果を以て第3相に進むかどうか判断される見込み」とありますので、その結果は2四半期内又は、3四半期中頃までには示されると思っています。現在、2018年6月20日午前中ですから、2四半期内であれば、もう1週間半(立会日実質8日)程度しかありません。

さて、
今は仕込み時でしょうか。個人的には新規投資をするには外部環境も含めて、かなりギャンブル要素が高いと言わざる負えません。ここ最近、中国におけるCTD-ILD第3相臨床試験関連のニュースが2つ続けてリリースされましたが、株価は出来高を含めて殆ど反応しておらず、多くの方々が「見」に徹している状況と推察します。投資タイミングは、中間解析結果良好を受けてあらでも遅くないはずで、ここからリスクを取ることは心臓にも悪い気がしてなりません。また、アイスーリュイ売上が爆発的に伸びていない現状、無事に第3相へ前進しても、株価の反応は限定的な可能性もあります。

いまここが、最高の買い場であるか、最低の買い場であるかは「神のみぞ知る」です。

楽しい株式投資ブログを探す

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

株式投資に関する判断は、自分自身でご確認の上、自己責任でお願いします。

GMOクリック証券

プロフィール

王騎博士

Author:王騎博士
分野:国内株式
国内株式の信用取引を主体に2~3社に集中投資、思惑が外れ下落に見舞われることしばしば、損出しを行いつつ投資企業を信じて再度ポジショニング、右往左往する零細投資家

目指すべき山の頂 1億円

ビットフライヤー

仮想通貨交換業者登録
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

マクロミル(3978)

アンケートモニター登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。