記事一覧

無情の下げ ブライトパス・バイオ(4594)

やっぱり下げます

前立腺がん患者を対象とするがんペプチドワクチン ITK-1国内第Ⅲ相臨床試験結果、主要評価項目を達成できなかったことを受け、ストップ安が続いています。

治験は水物、しょうがない、経営陣の経営手腕は悪くない等一方的に会社を攻め立てず、今後の展開に期待する向きが意外に多いように思えます。そんな投資家の思いを知ってか、知らずか、株価は想定通りの急降下です。

ジーエヌアイグループは大丈夫なのでしょうか。
事象は違いますが、最近のメドレックス(4586)やブライトパス・バイオ(4594)をみていると、不安がよぎってしまうのも事実です。2月高値777円から相当下落してます・・・、時価総額1000億円そこそこが高いのでしょうか、F351やアイスーリュイに不安があるのでしょうか。もし、これらを織り込んでの下落であれば、投資家にとっての本当の地獄はこれからです。

夜明け前が一番暗いと言われますが、
バイオ・製薬企業に投資している以上、やむを得ない投資リスクなのでしょう。

結局のところ、平均取得価格の問題です。
300円前後であれば耐えられますし、600円前後だとかなり厳しいでしょう。信用であれば市場から退場の可能性も高くなりますし、現物でも機会損失感は半端ありません。

楽しい株式投資ブログを探す

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

株式投資に関する判断は、自分自身でご確認の上、自己責任でお願いします。

GMOクリック証券

プロフィール

王騎博士

Author:王騎博士
分野:国内株式
国内株式の信用取引を主体に2~3社に集中投資、思惑が外れ下落に見舞われることしばしば、損出しを行いつつ投資企業を信じて再度ポジショニング、右往左往する零細投資家

目指すべき山の頂 1億円

ビットフライヤー

仮想通貨交換業者登録
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

マクロミル(3978)

アンケートモニター登録