記事一覧

この急激な弱気相場への移行はなぜ

メモです
・米国1月雇用統計(2月2日発表分)での平均時給(2.9%)が想定以上の伸び
・米国10年国債利回りの急速な上昇(2.75~2.80%帯越え)
・これらに伴うドル安基調
・黒田総裁がそろそろ金融緩和出口論を言い出すのではないか、円高傾向
・米国政府のドル安容認の姿勢

色々な要因が絡み合い、思惑が連鎖し、米国株の急落及びチャート上の中期的な調整局面に至り日本市場に影響を与えていると認識していますが、ついこの間まで、ゴルディロックス経済であり、当面の不安はないとの楽観的な論調が多かったように思えます。経済学とかよく分かりませんが、合成の誤謬というか、ひとつひとつの事柄はそんなに悪いことではないのに、結果的に日本の株式市場にはネガティブに作用しています。

でも、そんなものなんです。
経済ニュースの解説や新聞等の記事にしても、後付けで何かがあれば手のひら返し、結局すべての判断は自己責任です。メモに残して、またゴルディロックスとかの雰囲気になったら復讐のため読返します。一寸先は闇、闇の中にチャンスあり、んー、含み益は幻想で損益は現実です。欲張らず自己ルールに基づいた利益確定と再ポジショニング、損出しと諦めずに再インする強かさが必要です。

反省の連続、大きなチャンスを掴むため、魔坂のときに市場から退場しないため、日々勉強です。

楽しい株式投資ブログを探す

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

株式投資に関する判断は、自分自身でご確認の上、自己責任でお願いします。

GMOクリック証券

プロフィール

王騎博士

Author:王騎博士
分野:国内株式
国内株式の信用取引を主体に2~3社に集中投資、思惑が外れ下落に見舞われることしばしば、損出しを行いつつ投資企業を信じて再度ポジショニング、右往左往する零細投資家

目指すべき山の頂 1億円

ビットフライヤー

仮想通貨交換業者登録
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

マクロミル(3978)

アンケートモニター登録