記事一覧

ジーエヌアイグループ(2160)に光明か

全くもって希望的観測

流石に昨日のジーエヌアイ(2160)の株価動向には、心が折れた。
株価がどうしても戻してこない、420円近辺で打ち返され何度400円割れをトライしたことか。そんな中、一昨日、やっと418円まで戻したのに昨日の13円安405円、地合いは良かったのに上を目指せず、市場の始まりから終わりまで一貫して下値追いの状態だった。ここで、なにか外部的悪材料がでたら・・・、いや個別でも何かあるかもと、疑心暗鬼になるほど心が折れた。

自己ルールはルールなので、下がれば粛々と損切りをするだけだが、ここ数か月の間、嫌というほどの損出しをしており、吐きそうなくらいだった。

一転、本日は寄りから高く、一貫しての上値追い、ホント分からないものだ。
転換線も基準線も関係ないぐらいに突き抜けた。強い時は、本来なら抵抗となるべきあらゆる線や点を、さらっと簡単に抜いてくる。中長期ホルダーの誰もが、また少し上げたら、だらだらと下げるのだろうと考えていたと思うが、一貫して強かった。

それでも、来週月曜日は全返しの60円安ぐらいじゃないかと、弱気になるが、潮目が変わったと思いたい。現在のジーエヌアイは、決して、赤字垂れ流しの希望論だけのかつてのジーエヌアイではない。黒字化がほぼほぼ既定路線になり、更にアイスーリュイ売上の劇的変化とF351の中国及び米国での進展期待、資金確保ができている。この資金は、ある程度株主を犠牲にしたMSワラントの成功によりできたもので、財務状況も好転しており、アイスーリュイ・F351と相まって現時価総額は大きく見直される可能性を秘めている。いや、この将来有望な会社と提携、または買収したいと思うところがでてきても可笑しくないと思うは時期早々だろうか。(妄想)

とりあえず、時価総額800億円程度の株価600円までは突き抜けてほしい。





※未確認な情報も含まれますので、必ずご自身で確認して下さい。
※株式投資に関する判断は、御自身で確認の上、自己責任で行って下さい。

楽しい株式投資ブログを探す

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

株式投資に関する判断は、自分自身でご確認の上、自己責任でお願いします。

GMOクリック証券

プロフィール

王騎博士

Author:王騎博士
分野:国内株式
国内株式の信用取引を主体に2~3社に集中投資、思惑が外れ下落に見舞われることしばしば、損出しを行いつつ投資企業を信じて再度ポジショニング、右往左往する零細投資家

目指すべき山の頂 1億円

ビットフライヤー

仮想通貨交換業者登録
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最新記事

マクロミル(3978)

アンケートモニター登録