Recent Article

        
category - ビットコイン

(追加記事あり)ビットコインの分岐危機

2017/ 07/ 19
                 
ビットコインはどうなるのでしょうか。

少なくても8月1日~8月4日までの間、自由な取引等に制限を受けそうです。

8月1日に予期されるビットコイン分岐危機に向けた対応について
一般社団法人日本仮想通貨事業者協会(旧 仮想通貨ビジネス勉強会)


ビットフライヤーの名前がなく、動向が気になる所ですが、余り心配していません。(ポジションが少ないというのもありますが。)情報収集は継続的にしていますが、結局、遅かれ早かれ過渡期であるビットコインが避けては通れないイベントであり、これを経て、より良い仮想通貨として世間に認知されることを祈るばかりです。

株式投資とは違い、仮想通貨に関する投資のリスクは承知の上での参戦ですので、全ての経験を今後の投資に生かせるよう頭の整理をしています。

この大イベントを通過して、ビットコインが更に大きく飛躍し、身近な所で軽易に使用できる環境に一日でも早くなることを願っています。



(追加記事)
株式会社ビットフライヤーが一連の懸念に対する対応策を発表しました。
8月 1日に起こる可能性のあるビットコインブロックチェーン分岐に向けた対応

取りあえず、基本分岐しても双方のコインを取り扱う予定ということですので安心しました。




※未確認な情報も含まれますので、必ずご自身で確認して下さい。
※ビットコイン投資に関する判断は、御自身で確認の上、自己責任で行って下さい。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 投資の心得

夢の跡

2017/ 07/ 18
                 
サイバーステップ(3810)

今年の4月4日に872円だった株価は、あれよあれよという間に6月27日7,980円の高値を付けました。この3か月の間、正にどこで売買しても、大幅な利益確定ができた夢の株でしたが、今期業績予想(経常ベース)が大きく落ち込む予想となったため急落しています。

まだ夢の途中で、諦めきれない投資家も多いと思いますが、市場から退場にならないよう、損失が増えて動けなくなっても、考えることを止めてはいけません。そして、実際に売買を行い、損出しや他の銘柄を撤退する等やるべきことを実行する必要があります。

もう、「魔坂(まさか)」に突入しており、無傷でこの戦場から帰還することはできません。次の勝負のため、生活のため、市場からの退場という最悪の結果だけは回避しなければいけないのです。

明日は我が身であり、この教訓を真剣に学ぶ必要があります。必ず、同じような急落場面に捕まる日がくるのですから。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 投資の心得

ピンチは絶好のタイミングでやってくる

2017/ 07/ 10
                 
大きく上がっていく株ほど魅力的なものはありません。

急騰銘柄の過去株価チャートを振り返って、「ここ数か月の間であればどこでどんなポジションを取っていても大きく勝ててるじゃん」と悔しくなります。しかし、そんなトレードを「利益確定も損切り」も間々ならない運用家がすれば、「一発退場の刑」です。堅調な株式市場を外から見ている人に言わせれば、「まさか負けてないよね。むしろ大勝ちしてるだろうから羨ましい。」と思っている人が多いでしょう。しかし、現実は大切な資金をリスクに晒しているにもかかわらず「悲惨な負け」をしている人が多数いることも認識しなければなりません。急落銘柄(急騰していないのに)も含めて、

アキュセラ・インク、FVC、ブランジスタ、イグニス、東芝、タカタ

もっと悲惨な株もありますが、「遅乗りの(欲張り)ポジション大」では逃げる暇さえありませんでした。新興市場では、時価総額が低く流動性が著しく低下するため、株価が一方通行になりやすく、悪材料からの急落は悲劇以外の何物でもありません。数千万の含み益は、数日でマイナス数千万の含み損に変わります。バイオ、IPO、ゲーム、新技術どれも期待と失望の繰返しです。絶対にこれからも同様のことが起きます。その時、「悲惨な結果」に巻き込まれないよう自己ルールと危機意識を明確化していなければいけません。

自戒の念を込めて、
「ピンチは絶好のタイミングでやってくる」
という言葉を念頭に、常に調子が良い時ほど気を付けています。

デュシャルムの教訓では、
「絶好のチャンスは最悪のタイミングでやってくる。」
Opportunity always knocks at the least opportune moment.

他の教訓を真剣に追体験してこそ、己の勝ちにつながるのです。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 市場の動向

大切な7月相場

2017/ 07/ 09
                 
年前半で大きな利益を上げている人は、謙虚さが求められる後半戦に突入しました。

自身のように、年前半の戦績が芳しくなく、苦戦を強いられている運用家(投資家)にとって、重要な結節になると思われる7月は特に注意が必要です。

そう思う最大の理由は、8月から10月頃までは地政学リスクや米国経済特にNYダウが押し目に入り、軟調推移若しくはある程度の大幅下落を余儀なくされると想定しているからです。実際は、あらゆる不確定要素が絡み合い、逆に動くことも多々ありますが、楽観はしていません。

そうなると、この7月相場は重要です。
年後半の10月~12月に利益を取ろうと焦っても、ロクなことになりません。一方、利益を取ろうと無理に動くことも危ないと言えますが、比較的リスクが少ないと思われる今月は、年後半の他の月に比べると時期的にも動きやすいです。

また、8月以降に備えるため、利益確定と損切り(損出し)を実行し、現金保有率や信用維持率をできるだけ高くする準備をします。考えるだけではダメで、実際売買を行うことを自身に徹底します。

人それぞれで正解はありませんが、個人的には今年の年収支のカギとなる7月、8月以降を警戒する準備の月として認識します。本当のところは、8月以降も堅調相場であってほしいのですが。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 再投稿

考えることを止めない

2017/ 07/ 03
                 
地政学リスク、政治的混乱、良くも悪くも判断が難しいニュース・IRが出てくると試合放棄(思考停止)、どうせ自分ではどうにもならないと、不安は持つが考えて自身の行動基準を再設定することを怠る人

行動をする前に、考えることを止めている。



その割には、銘柄や株価動向を他人事のようにペラペラとしゃべることができる。
いつか市場から退場、結果論で数回上手にできても所詮それだけの人
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 休息/雑感

意地悪に屈するな

2017/ 06/ 29
                 
気分が悪くなりますが、意地悪な奴はいます。
悔しい思いや怒りを感じることも多々あるでしょう、そんな時、気にしてはいけません。

Testosteroneさんのツイッターです。
どうでもいい奴に絡まれたら、心で「おう暇人!お疲れ!」と言っときましょう。
ホント、相手にしてたら自分も嫌な人間になります、損するだけ。

Testosterone@badassceo twitter
Testosterone twitter
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - トレード/雑感

楽しみトレード

2017/ 06/ 28
                 
GNI(2160)とトレイダーズ(8704)
いずれもクセのある材料株ですが、ポジションを取り監視中です。

GNIは、ショッキングな公募増資を経て、その行使状況の進捗及びアイスーリュイ状況に焦点を当て、本格的な今期業績黒字化への大きなステップを期待してのイベントインです。公募増資は、資金調達(買収が主)と資本状況の改善が進み結果オーライ、株価には今後ポジティブになりそうです。

トレイダーズは、材料豊富ですが、先日発表された仮想通貨関連の「国内外のビットコイン取引所を接続するスマートオーダーシステムを開発・運用するdeBitと、仮想通貨を用いた資金決済サービスに関して業務提携することで基本合意」による期待です。今まで急騰した仮想通貨関連株には乗れきれなかったため、中期目線でのんびり作戦です。(値動きは激しいですが)

忘備録を兼ねて記載してますが、3か月後くらいに、どの位株価位置が変化しているか楽しみです。ただ、マイルールにより損切り及び利益確定が早まったら手仕舞いですので、あしからずです。








※未確認な情報も含まれますので、必ずご自身で確認して下さい。
※株式及びビットコイン投資に関する判断は、御自身で確認の上、自己責任で行って下さい。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 投資の心得

売買判断の誤りを認めない危うさ

2017/ 06/ 27
                 
うちの子に限って症候群とは、
パチスロで例えると、
「私の台だけ出ない、なぜこの台は出ない、あれだけ考えた(予想した)のに。」

パチスロやパチンコを打ちに行ったら度々思うことです。自分でお店、店長のくせや短中期間の台分析をした結果、高設定(スロットの場合4~6)と予測し、そうであってほしいと打ち続けますが、昼過ぎ頃4万円以上の負けが込んできた所で「あれっ」と思います。客入りもまずまずで、高設定投入確率が高いあろうことから、まだ自分の台は温まってないんだ、もうすぐいい波が来て爆発すると期待しますが、8万~10万円負けで閉店になります。

株式市場においても、自身が選んだ銘柄が思うように、上昇してくれず、逆に急落することなど常態です。その範囲が許容内であれば、耐え忍ぶ時間帯ですが、想定以上の下げで、意固地になりナンピンをする等予定外の行動に出ることは厳禁です。ロスカットが正解であり、トレードインしたタイミングやポジショニングの取り方に問題があることの方が多いように思えます。

売買判断を全て完璧にできるなど神様にも無理な話です。
想定を立て、トレードインし、誤りなら撤退、別のシナリオ(同じ銘柄でも他銘柄でも良い)を立て、トレードインの繰り返しです。

自戒の念を込めて、今一度心に刻まなければいけません。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - kabuboard

カブボード登録銘柄

2017/ 06/ 25
                 
kabuboard 2017.6.26


早いもので、もう6月も最終週になってしましました。

3月位から利益が取れそうで中々取れない、自分自身が嫌になるようなトレードが続いています。気になっている銘柄の中には、勢いよく値を上げていくものも多く、トレードの決心時期及びポジショニングと利益確定が噛み合わない感じもしますが、反省と検証を重ね、地道に焦らず、トレードを続けていくしかありません。

他人の良いトレード成績を拝見すると自己嫌悪に陥りやすくなりますが、そんなものは自身の収支に何の影響も与えませんし、他人が儲けたからと言って、株式市場で取れる利益が減少する訳でもありません。所詮他人事、自身の信じた道を登ることに集中します。

しかしながら、勉強は大切です。
他の人がどのような思考過程でトレードしているのか、自身に適用できるものはないか等考えることによって、何か気付きがあるかもしれません。世の中には、くだらない情報と大切な情報が入り混じっており、それを取捨選択できるのは自分自身だけです。

                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 投資の心得

シンプルに考える

2017/ 06/ 23
                 
シンプルに考える。

複雑な状況ほどアウトプットを明確にし、シンプルに考える必要があると思っています。逆にシンプルな問題の時は、そんなに単純な問題なのかと自問自答し、想定していない事態がないか等、努めて思考を広げて考え方を整理します。

シンプルに考えるということは、何が起こっているかを把握し、当面出さなければならない売り買いの結論を具体的に見い出すことに集中することを意味するのではないでしょうか。また、急な判断を迫られる状況等に即応するため、常日頃から思考を巡らせてアウトプットをある程度明確にしておく必要があるとも言えます。

過去の売買を含め反省をしながら、継続的に大きな利益を出せるかどうかは、思考力が適切で強い実行力が伴うかどうかで決まるものと考えます。長い道のりであるかもしれませんが、過去を振り返った時に、全ての失敗が成功の糧であったということを自らが証明するしかありません。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 再投稿

上り坂と下り坂、魔坂という坂

2017/ 06/ 22
                 
「人生には3つの坂がある」 毛利元就の有名な言葉です。

ポジション管理やリスクヘッジは、利益を大きくするためだけではありません。魔坂(まさか)の事態に備えているものであり、万全を期していても、その時は無傷で済まされません。(無傷ではない(大損する)ことが常態という認識も重要)

それは、上り坂の途中(上げ相場で含み益爆発中)に訪れるか、下り坂の最中(追証目前)に訪れるかは一切分かりません。しかし、その魔坂(まさか)を予期する対応が投資家として、更に上り続けることができるか、下り坂を転がり続け奈落の底に落ちていくのか、その岐路となることは間違いありません。

相場が怖いと感じたら、絶対に具体的売買をしなければいけません。言うだけ番長ではなく、現在相場において生き残っている賢者は、必ず行動に移しているはずです。それができない人が素人(趣味)であり、できる人がプロなのかもしれません。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 投資の心得

ダメ思考から脱却

2017/ 06/ 15
                 
上がると強気、下げるとあたふた

完全アウトな思考です。
上昇時の強気は、自身の判断が正しかったと認識できる瞬間かもしれませんが、目標株価(自己算出)以上の上昇や想定より短期間の上昇のとき、それを予測していなかった場合、自身の判断が正しかったとは言えません。上がる理由が自分で判断できない以上、利益確定のため需給を観察しながら、欲張りとの戦いのため、逆に不安さえ覚えるものです。

下落時の弱気は、自身の誤り(自己否定)を認めたくない瞬間ですが、想定の範囲内(自身が参考にしている指標等)であれば耐え忍ぶ時間です。ロスカットルールさえしっかり守っていれば、何も「あたふた」する必要はありません。

「上がると強気、下げるとあたふた」の一番の原因は、何の根拠もなくその感情に成れる、まさに「無意識投資」が成せる業です。つまり、思考停止と同じです。このダメ思考から脱却することが、初めの一歩と心得ます。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 個別銘柄

超お買い得なのか、それとも危険な果実か

2017/ 06/ 13
                 
業績が拡大していく有望銘柄は、探せば沢山あります。
しかし、その中で強気の業績予想を実現し、更に3年~5年スパンで急成長を果たし、かつ、株価がその成長力を評価し急速に上伸する企業となれば、グッと少なくなります。

正に、強烈な業績予想を会社の数値目標として公表したアイビー化粧品(4918)の株価が冴えない理由は、成長力に対して投資家が疑心暗鬼だからの一言に尽きると感じます。

本日終値 8,090円 ▼240円
PER 11,3倍
利回り 3,09%

これは、今期経常利益5倍増の会社発表数値に対する指標です。
アイビー化粧品は直近で2017年5月10日に通期業績予想を約45.1%下方修正していますので、意地悪ですが、50%位の下方修正は予見可能ということで数字を改めて算出します。

経常利益 27.5億円(EPS357円計算)
本日終値 8,090円
PER 22,6倍
利回り 3,09%

成長率の出し方でかなり数値が変わってきますが、経常利益ベースで成長率65~50%でPEGレシオを算出すると、0.347~0.452(個人的な見解による算出ですのでご理解願います。)

市場には万年割安株として放置されている企業も多く、割安放置株にはそれなりの理由があるということを良く言われます。アイビー化粧品の訪問販売や関西地方を中心とした展開等が良く理解されていないのかもしれません。逆を言えば、その理解が浸透し、成長力がより明確化されたとき、株価は数段上に登ってそうです。

まあ、一にも二にも壮大な業績予想が実を結ぶか、その後も堅調な業績拡大が期待できるかに懸かっています。




※未確認な情報も含まれますので、必ずご自身で確認して下さい。
※株式投資に関する判断は、御自身で確認の上、自己責任で行って下さい。
  
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 休息/雑感

Twitterテスタさんに共感する

2017/ 06/ 12
                 
テスタさんという投資家の方がいます。
テスタ@tesuta001

SNSを主体にトレードをしている方なら、多くの人が知っているのではないでしょうか。自身もトレード中、よくテスタさんのツイッターのつぶやきを拝見させて頂いています。何よりも共感するのは、トレードスタイルとつぶやきの素直さ(正直さ)です。ちなみに、日々のトレード結果やスイング収支は、桁違いに凄いので、あまり参考にはなりません(笑)

テスタさんのSNSを見ていると、もっと発信したいんだろうけど、面倒くさい人達が少なからず存在していて、気にしなければいいけど、やっぱりイヤな事とか書かれて、やる気なくすんだろうなと、勝手に想像してしまいます。

いま日本の個人投資家で億単位資産で億単位の株式トレードをしている人は、自称も含めて数百人(全然分かりませんが)はいるのではないでしょうか。しかし、その中で本物と思われる人の売買動向や考え方をリアルに学べることは大変貴重な財産であると思っています。ましてや、友人でもない赤の他人が、ただで教えてもらえるのです。

テスタさんの投資手法は裁量トレードが主体で才能の上に現在の資産を守る自己ルールと売買感覚で成り立っているため、「へぇー、すごい」と思うしかありませんが、なるほど、ここは気にするんだとか、ここは気にしないようにしてるんだとかが感覚的に伝わってきます。

ネット上には沢山の情報がありますが、本当に有益な情報に巡り合うことは小さな幸せなのかもしれません。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 投資の心得

売買は自由で自己責任

2017/ 06/ 10
                 
変わりやすい投資家心と秋の空

① 全ての売買は自己責任
② 今良いと感じる株が、1分後も良いとは限らない
③ 売り続けるが、その後、ドテン買いに変わることもある(逆も然り)
④ 企業のことは自身でしっかり調べる、ネット上は不確かな情報も多い
⑤ あらゆる指標を自分の良い方向に解釈しない

自己ルールは売買中に勝手に変えてはいけない。一定の思考過程を経た結論であれば、十分検証し、再度の思考過程を経て、変更の必要性を考え、修正すべき事項を決断をし、その後の売買から適用する。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ