Recent Article

        
category - ビットコイン

ビットコインの急落

2017/ 09/ 15
                 
ビットコイン急落してますね。

原因は、中国政府による不透明な規制強化を懸念してるというところでしょうか。米国で著名な方が、ビットコイン等は詐欺だと公言しているのも影響しているのかもしれません。

自身はあまり気にしてません。というより、小遣い程度の投資なので、安くポジションを取れるチャンスではないかと逆に期待している状況です。仮想通貨自体がまだまだ過渡期ですから、あらゆる規制や懸念を消化しながら成熟していくのでしょう。

一方、ここまで成長したビットコインを完全に消滅させることも不可能と思えます。特に今回はICO規制が当面の焦点のようであり、仮想通貨全体の健全化のためには、必要不可欠な流れであると考えます。これからさらに成長するためには、社会全体に支持され、かつ、不健全なリスク(詐欺等)を可能な限り排除することが重要です。

見守りましょう、余り気にせず。
大切な資金を必要以上に投資することを避ければ、良い勉強になると思います。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 個別銘柄

ジーエヌアイグループ(2160)追撃

2017/ 09/ 13
                 
先週までの急落でかなりの損出しを強要されましたが、気を引き締めてポジションを再構築し、ジーエヌアイを追撃です。

必ず報われると信じて、500円以下は断固買い姿勢、勝負は700円超えからです。
今から買いでインできる人が羨ましい今日この頃です。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - ビットコイン

ビットコインは絶好調

2017/ 09/ 01
                 
株式は苦しい場面が続きますが、ビットコインは絶好調です。

ポジションが少ないために、スズメの涙程度の含み益でただ眺めている状態ですが、まだまだ期待しています。ここまで上昇すると、もうほとんどポジションを増やすことはできません。

価格(BTC/JPY): 533,949円
2017.9.1.1023 ビットフライヤー価格参照
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 個別銘柄

ジーエヌアイ(2160)にIR、追加データ提出に関するお知らせ

2017/ 08/ 31
                 
本日1500、
「米国食品医薬品局に要請されたF351(一般名:ヒドロニドン)の治験許可申請に関する追加データ提出に関するお知らせ」

が発信されました。
待ちに待ったIRではありますが、冷静に分析したいと思います。

本文を読むと、
「2016年5月3日に、FDAから、既に提出済みの中国GLP基準に準拠した毒性試験結果を補足するものとして、米国GLP基準に準拠した8日間の毒性試験を含む追加資料の提出を要請する通知を受領いたしました。本年5月には、第三者機関が米国GLP基準に準拠した毒性試験が終了し、また、その他の追加資料も準備することが出来たため、」(抜粋)
とあります。そもそも、たった8日間の毒性試験を含む追加資料の提出に1年以上かかったことになります。

これだけ考えれば、何かトラブルなのかと思っても仕方ありませんが、実際のところは委託する第3者機関の選定やジーエヌアイが想定した期日等が円滑にいかなかっただけだと思います。逆を言えば、ジーエヌアイ自体が余り焦っていない、つまり、重視していないのかもしれません。その裏には米国は大切(将来的には超重要市場)であっても、本命は中国の現在進行中のF351第2相の内容と結果です。これを踏まえて、ブリッジスタディーとしてFDAの第2相若しくは第3相に生かしたいのかもしれません。また、アイスーリュイの売上激増が想定される中、その売上げで治験費用等を賄う算段もあるかもしれません。(単に、今回データ提出でブリッジスタディーが認められ第2相開始でも何か足りない、第3相からはないのかなと、まあここまでくると妄想かも)


経営者が何を考えているか、知る由もありませんが、少なくとも過去最大増資完了後、舌の根も乾かないうちに再増資という訳にもいかない気がします。

こうなると、当面の最重要案件は「F351中国の第2相臨床試験」結果ということになります。米国FDAへのブリッジスタディーによる思惑も、中国の結果次第ではないでしょうか。

これらのことを勘案すると、本日のIR自体は時間はかかったけど、ボチボチ提出しました程度です。会社としては、当初の想定通り、特に問題なく毒性試験を終了となり、正に中国でのF351第2相臨床試験結果待ちです。順調に必要データを提出したのです。

ブリッジスタディー自体が成功するかどうか分かりません。成功すれば、臨床試験期間や費用を大幅に短縮・削減できることになるため、理想的です。このIRが出てほしいですね。ただ、中国の第2相臨床試験もまだ道半ばのようですので短期的な話ではないです。

自身の勘違いや認識不足の所もあるとは思いますが、妄想を兼ねた忘備録的ブログのためご了承ください。
8月が終わりました。収支は散々、かなり苦しい今現在ですが、必ず復活します。9月相場は、北朝鮮を中心とした地政学リスクや米国等の個別イベント、株式市場の需給懸念が予想されますが、負けないぞ。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 個別銘柄

コツコツ集めるジーエヌアイグループ(2160)

2017/ 08/ 17
                 
集めます。

コツコツと、急騰しないでくれと思いながら、仕込んでます。
今現在、下がっていると「買える。」と思い嬉しい反面、おいおい、「じり高基調から急騰のシナリオだよな。」と思い不安を覚えるのも、自身の胆力のなさです。

取りあえず、本日前場の終値515円 24円安

いいですね。
もし500円割れがあれば、どーんと出動したい、そんな今日この頃です。
自身のメモ的なものなのであしからずです。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 個別銘柄

個別銘柄の妄想

2017/ 08/ 13
                 
妄想です。

ジーエヌアイグループ(2160)が8月10日(木)引け後に2Q決算を発表しました。決算内容は端的に言えば、赤字縮小で今期の黒字転換への道筋には変化なしです。バイオ銘柄なので決算持越しは最小限に留めていました。何か悪い情報が決算発表に伴い出てきたら嫌だなと思っていましたが、結果、全くそんな心配は必要ありませんでした。まぁそれでも株価は需給の関係で直近下向きになる可能性はあります。

まず思ってたことですが、
①クソ増資は早期完了(株式公開目的の第一は資金調達であり、それを否定するものではありませんが、個人株主は大きな痛手を被りましたのであえてクソ増資発言)
②BAB買収成功(安定黒字経営への一歩)
③アイスーリュイも順調(新保険目録収載で売上激増の要)
④その他治験順調(特にF351、これが成功するための資金は惜しまなくても良い、成功すれば収益は飛躍的に伸びる)

そして、妄想は膨らみます
● アイスーリュイの新保険目録収載で具体的に来期どの位の売上になるのか。
● F351の治験進展があれば期待度マックス
● このような有望会社を他企業が興味を示さないのか。

因みに、増資に完了に伴い財務内容は「資産合計12,317,050千円、負債合計2,202,646千円、資本合計10,114,404千円」「2017年8月10日現在の普通株式の発行済株式数は、134,413,831株、資本金は10,247,439千円、資本準備金は10,207,439千円」
と、格段に良くなっています。
※参考資料「平成29年12月期 第2四半期決算短信〔IFRS〕(連結)

どちらかというと問題は、8月14日(月)から自身の希望枚数を安値で買えるかです。北朝鮮動向への懸念やここ最近ストップ安を交えて700円近辺からの下落が続いており、短期急騰は難しいとの失望感からの投げ(追証及び立替金、信用期日等信用取引特有の事情も相まって)、一応赤字なのでサプライズ期待の短期資金組が月曜日から週末かけて、投げてくることを願っています。

追伸
トレイダーズの1Q決算は悲惨でした。自身は先月末の「子会社における発電装置売買契約の解除通知受領に関するお知らせ」の後に泣く泣く損切り、悔しい思いをしましたが結果的に助かりました。






※株式投資に関する判断は、御自身で確認の上、自己責任で行って下さい。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 投資の心得

予測の必要性と不必要性

2017/ 08/ 10
                 
必要以上に深読みする予測は不要

トレードにおいて、投資対象の業績推移や株価自体の値動きと需給、関連するイベント等を予想し、売買イメージを確立、これらに基づき実際の売買を行うことは大切ですし、これなくしてトレードは成立しません。

しかし、あれこれ心配して、個別の懸案事項に対して深く、かつ、結論が出ないものに悩む予測は不必要です。結論が出ず悩ましいのであれば、原点に戻り、市場や個別は不安をどう織込むか、最悪のリスクを自身が許容できるかできないか等シンプルに考えることにしています。悩む気持ちは理解できますが、結論が出ないので悩むだけ無駄、時間がもったいないです、遊びましょう。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 市場の動向

何とも言えない相場

2017/ 08/ 08
                 
利益が出ないトレードにやや疲れ気味ですが、弱音を吐いている場合ではありません。

利益が出ない反面、損出し(損切り)は順調であり、損益拡大中です。さすがに、自己ルール厳守とはいえ、損出しを行う一方利益が殆どでない日が続くので気が滅入りますし、不安もよぎります。

この相場でも、力強く利益を出している方もいると思いますが、ホント凄いですね。実際、この相場は個別でも全体でも値動きを見ていると長続きせず、利を伸ばそうと我慢すればするほど、同値撤退若しくは損切りを強いられます。

8月相場は当初から弱いと予想していたため、想定内ではありますが、如何せん、7月相場もまともに利益が出なかったので、胸焼けがするレベルです。今は、先日ストップ安まで売られたジーエヌアイ(2160)を注視していますが、中々買い出動に腰が上がりません。吉と出るか凶と出るか分かりませんが、現在の流れの中で急に自身の状況が好転するとは思えませんので地道にトレードしていきたいです。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 市場の動向

膠着感漂う市場

2017/ 07/ 25
                 
上にも行かず、下にも落ちず。

そんな膠着した状態が続いている東京市場ですが、自身は8月相場に向けて大きな危機感を覚えています。

そもそも、夏相場は相性も悪く利益が取れないことが多いのですが、大して多くもない資金が拘束若しくは下落等による打撃を受けると、じ後のトレードに多大な影響を及ぼしますので、石橋を叩いて渡る気分です。

また、近々ではどんどん高値を取っていくような相場自体想定できないため、秋相場、具体的には10月中旬不頃までは、非常に難しいトレードになるのではないかと心配です。

少なくても8月第1週までにポジションを半分以下に落とし、現金比率を高め、来たる急落場面に備えたいです。それでも、残り少ない7月をもう少しアグレッシブに頑張ります。

                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - ビットコイン

(追加記事あり)ビットコインの分岐危機

2017/ 07/ 19
                 
ビットコインはどうなるのでしょうか。

少なくても8月1日~8月4日までの間、自由な取引等に制限を受けそうです。

8月1日に予期されるビットコイン分岐危機に向けた対応について
一般社団法人日本仮想通貨事業者協会(旧 仮想通貨ビジネス勉強会)


ビットフライヤーの名前がなく、動向が気になる所ですが、余り心配していません。(ポジションが少ないというのもありますが。)情報収集は継続的にしていますが、結局、遅かれ早かれ過渡期であるビットコインが避けては通れないイベントであり、これを経て、より良い仮想通貨として世間に認知されることを祈るばかりです。

株式投資とは違い、仮想通貨に関する投資のリスクは承知の上での参戦ですので、全ての経験を今後の投資に生かせるよう頭の整理をしています。

この大イベントを通過して、ビットコインが更に大きく飛躍し、身近な所で軽易に使用できる環境に一日でも早くなることを願っています。



(追加記事)
株式会社ビットフライヤーが一連の懸念に対する対応策を発表しました。
8月 1日に起こる可能性のあるビットコインブロックチェーン分岐に向けた対応

取りあえず、基本分岐しても双方のコインを取り扱う予定ということですので安心しました。




※未確認な情報も含まれますので、必ずご自身で確認して下さい。
※ビットコイン投資に関する判断は、御自身で確認の上、自己責任で行って下さい。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 投資の心得

夢の跡

2017/ 07/ 18
                 
サイバーステップ(3810)

今年の4月4日に872円だった株価は、あれよあれよという間に6月27日7,980円の高値を付けました。この3か月の間、正にどこで売買しても、大幅な利益確定ができた夢の株でしたが、今期業績予想(経常ベース)が大きく落ち込む予想となったため急落しています。

まだ夢の途中で、諦めきれない投資家も多いと思いますが、市場から退場にならないよう、損失が増えて動けなくなっても、考えることを止めてはいけません。そして、実際に売買を行い、損出しや他の銘柄を撤退する等やるべきことを実行する必要があります。

もう、「魔坂(まさか)」に突入しており、無傷でこの戦場から帰還することはできません。次の勝負のため、生活のため、市場からの退場という最悪の結果だけは回避しなければいけないのです。

明日は我が身であり、この教訓を真剣に学ぶ必要があります。必ず、同じような急落場面に捕まる日がくるのですから。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 投資の心得

ピンチは絶好のタイミングでやってくる

2017/ 07/ 10
                 
大きく上がっていく株ほど魅力的なものはありません。

急騰銘柄の過去株価チャートを振り返って、「ここ数か月の間であればどこでどんなポジションを取っていても大きく勝ててるじゃん」と悔しくなります。しかし、そんなトレードを「利益確定も損切り」も間々ならない運用家がすれば、「一発退場の刑」です。堅調な株式市場を外から見ている人に言わせれば、「まさか負けてないよね。むしろ大勝ちしてるだろうから羨ましい。」と思っている人が多いでしょう。しかし、現実は大切な資金をリスクに晒しているにもかかわらず「悲惨な負け」をしている人が多数いることも認識しなければなりません。急落銘柄(急騰していないのに)も含めて、

アキュセラ・インク、FVC、ブランジスタ、イグニス、東芝、タカタ

もっと悲惨な株もありますが、「遅乗りの(欲張り)ポジション大」では逃げる暇さえありませんでした。新興市場では、時価総額が低く流動性が著しく低下するため、株価が一方通行になりやすく、悪材料からの急落は悲劇以外の何物でもありません。数千万の含み益は、数日でマイナス数千万の含み損に変わります。バイオ、IPO、ゲーム、新技術どれも期待と失望の繰返しです。絶対にこれからも同様のことが起きます。その時、「悲惨な結果」に巻き込まれないよう自己ルールと危機意識を明確化していなければいけません。

自戒の念を込めて、
「ピンチは絶好のタイミングでやってくる」
という言葉を念頭に、常に調子が良い時ほど気を付けています。

デュシャルムの教訓では、
「絶好のチャンスは最悪のタイミングでやってくる。」
Opportunity always knocks at the least opportune moment.

他の教訓を真剣に追体験してこそ、己の勝ちにつながるのです。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 市場の動向

大切な7月相場

2017/ 07/ 09
                 
年前半で大きな利益を上げている人は、謙虚さが求められる後半戦に突入しました。

自身のように、年前半の戦績が芳しくなく、苦戦を強いられている運用家(投資家)にとって、重要な結節になると思われる7月は特に注意が必要です。

そう思う最大の理由は、8月から10月頃までは地政学リスクや米国経済特にNYダウが押し目に入り、軟調推移若しくはある程度の大幅下落を余儀なくされると想定しているからです。実際は、あらゆる不確定要素が絡み合い、逆に動くことも多々ありますが、楽観はしていません。

そうなると、この7月相場は重要です。
年後半の10月~12月に利益を取ろうと焦っても、ロクなことになりません。一方、利益を取ろうと無理に動くことも危ないと言えますが、比較的リスクが少ないと思われる今月は、年後半の他の月に比べると時期的にも動きやすいです。

また、8月以降に備えるため、利益確定と損切り(損出し)を実行し、現金保有率や信用維持率をできるだけ高くする準備をします。考えるだけではダメで、実際売買を行うことを自身に徹底します。

人それぞれで正解はありませんが、個人的には今年の年収支のカギとなる7月、8月以降を警戒する準備の月として認識します。本当のところは、8月以降も堅調相場であってほしいのですが。
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 再投稿

考えることを止めない

2017/ 07/ 03
                 
地政学リスク、政治的混乱、良くも悪くも判断が難しいニュース・IRが出てくると試合放棄(思考停止)、どうせ自分ではどうにもならないと、不安は持つが考えて自身の行動基準を再設定することを怠る人

行動をする前に、考えることを止めている。



その割には、銘柄や株価動向を他人事のようにペラペラとしゃべることができる。
いつか市場から退場、結果論で数回上手にできても所詮それだけの人
                         
          にほんブログ村 株ブログへ
                        
        
category - 休息/雑感

意地悪に屈するな

2017/ 06/ 29
                 
気分が悪くなりますが、意地悪な奴はいます。
悔しい思いや怒りを感じることも多々あるでしょう、そんな時、気にしてはいけません。

Testosteroneさんのツイッターです。
どうでもいい奴に絡まれたら、心で「おう暇人!お疲れ!」と言っときましょう。
ホント、相手にしてたら自分も嫌な人間になります、損するだけ。

Testosterone@badassceo twitter
Testosterone twitter
                         
          にほんブログ村 株ブログへ